[ Owl  ]


biew cart

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 

 

フクロウのモチーフは以前からとても好みです。どこを見ているのか分からないような、とぼけた顔つきにしてみました。
目はピカーッと光っているようなイメージ(笑)。花が咲いた木にとまっている様子。


 

きれいすぎない加工がほどこされた風合いのあるリネン生地を使用。少しグリーンがかったグレイです。
こちらで洗いをかけ、素朴な質感を出してあります。目はわりと小さく、1cm12〜13目です。
刺繍用の生地ではないため、縦横の比率が若干違います。生地の端のほうに1目分をステッチしてみて、
1目が少し横長の形になるほうでステッチして下さい。本ではp.62に図案と刺し方が掲載されています。
使用生地は、本の作品と同じものなので、このキットでも、1目分のまたぐ織り糸の本数は同じです。




表の生地は残念ながら廃番となってしまいましたため、今回受注できる数が限られています。
裏用の生地はスウェーデン製。この生地も廃盤とのこと。まだ在庫は手元にありますが、
そのうちなくなってしまうのだろうと思います。ダークブラウンにホワイトの小花柄。とても好きな生地です。






EK-013

Plattsom 刺繍キット ・Owl
(
wool + cotton yarn )


price : \1,350+Tax


受注前のstock : 8


生地の廃番につき、なくなりしだい販売終了となります

 










[
  color
]

・フクロウの糸色 /  薄いパープル、イエローグリーン、キャメルブラウン

・紐の糸色 /  薄いパープル






 

[ 出来上がりサイズ ]

・本体の縦: 約9.3cm、横 約9cm
、厚み 約3.3cm





 

[ キットに含まれているもの ]

表用布、裏用の柄布、ウール+コットン混紡糸
(Holst Garn ・COAST)
作品サンプルの写真、作り方説明書
※糸は
使用量よりも2〜3本ほど多めにセットしてあります。
(刺繍用の糸はこちらで75cmほどにカットしてあります)








"プラットソム"は、サテンステッチのことで、スウェーデンではそのように呼ばれます。
「ツヴィストソムと北欧刺繍」掲載作品の中で、このフクロウ柄はP.24ページの木箱入り
ピンクッションに仕立てています。チーズの空箱などをお持ちの方は、木箱仕立てに
するのも楽しいと思います。角の紐は、刺繍に使用の糸を撚り合わせて作ります。
セットされた糸の中で、小さなカセのものが紐用です。




※こちらはkicca著、文化出版局発行『ツヴィストソムと北欧刺繍』に掲載されている図案

プラットソムの基本の刺し方のページをご覧いただきながら 作っていただくキットです。
図案、基本の刺し方はキットには含まれておりませんので ご注意ください。









[ ご用意いただくもの ]


kicca刺繍作品集「 ツヴィストソムと北欧刺繍 」、
先が丸く穴がやや大きめな針(DMC・タペストリー#22、他クロスステッチ針など)
刺繍枠、仕立て用の手縫い糸と縫い針、詰め物(手芸用わた、または羊毛など) 









※生地には織りの小さな節が入ることがございます。目立つ位置にあるものは避けてカットを
致しますが、あらかじめどうかご了承くださいませ。








※クリックポスト発送可(送料164円)

ご自宅郵便受けへの配達方法は、まれに紛失事故が起こってしまうことがございますため、
ご心配な場合は郵便局留めや簡易書留を おすすめ致します。
郵便局留めについての詳細はページ下のショッピングガイドをご覧ください。








 

※こちらのキットや図案等は商用にはご利用いただけません。
※ネット上での説明書の詳細内容、図案の公開はどうかお控えくださいませ。










Holst Garnの糸のみの小分け販売はこちらではしておりません。
Holst Garn
お取扱店については、本のp.95に明記されています(実店舗&オンライン)。










ご注文の際には下記のショッピングガイドの説明文をご一読下さいませ。
ご注文の仕方、送料や配送についての詳細が記載されています。
ご不明な点や、 ご質問がございましたらお気軽にmailを 下さいませ。
↓click













<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<