<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 

<  Leather button - slide  >
革の留め具スライドタイプ






<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<



革の留め具をスライドさせて手首のサイズにフィットさせるタイプです。
ビーズ織りブレスレットの初期の頃から採用している留め方で、定番になっています。
最初は留め具が上下にずらしにくいかもしれませんので、着けるときに少しコツが要りますが、
だんだんとスライドがしやすくなってきて、着脱がしやすくなってくると思います。
早々に留め具がゆるくなってしまうとブレスレットが取れやすくなってしまいますため、
留め具を作る際に、
紐にはきつめに革と糸を巻いてあります。




端の紐がジャマになる場合には、紐を少しカットをされても良いですし、留め具に軽く巻きつけて
結んでおくのも良いと思います。慣れてくると、巻き付けやすくなります。




使っているうちに革の色が濃くなってきて、光沢が出てきます。
※水に濡れると革の色がだいぶ濃いめに変化しますのでご注意ください。




こちらのスライドタイプが基本価格となります。
工程が増えたり、ボタン代がプラスされる他の2種類の留め方タイプは、
オプション価格がプラスされます。





<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<






  


  

  

  

  

ラップランドで暮らすサーミ族の工芸品、ピューターのブレスレットとの ↑
重ね着けも相性が良いです。




<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<